中学生 育毛剤

10代だからまだ髪を維持できると思っていませんか?

髪の悩み

髪が薄くなるのは、だいたいいつ頃でしょうか?薄毛というと中年のお父さんの悩みだと思われるかもしれませんが、薄毛はどの年代にもあてはまる症状です。そして、その薄毛の症状が出始めるのは早い人でだいたい12歳〜14歳あたりの成長期にあたる、ちょうど中学生からぐらいからです。
もちろん30代や40代50代と比べれば薄毛に困る人がいる割合ははるかに低いですが、実際薄毛に悩んでいる中学生がいるのはあまり知られていないかもしれませんが、確かな事実です。
中学生のとき、もしくは現時点で中学生の方で、周りに薄毛で困っている人いませんか?髪が透けている人、つむじが薄くなっている人、髪が細い人。
たくさんいる訳ではないですが、周りに1人ぐらいいるって方がほとんどだと思います。

 

この10代の薄毛、まだ10代だから大丈夫と思っている人は要注意です!薄毛というのは、進行性の症状なので、一度薄毛がスタートし始めるとその後止まる事はありません。不公平かと思うかもしれませんが、薄毛がスタートした時点でなんらかの対策をとっておかないことには薄毛が進行するばかりです。

なぜ中学生あたりから薄くなる人がでてくるのか?

5αリダクターゼ,ジヒドロテストステロン

薄毛の対策を説明するにあたり、まずなぜ薄毛になるのかを知る事が重要です。
この知識がないと、今後まったく効果がない育毛を繰り返すはめになり、信ぴょう性の薄い口コミや、テレビCM、薄毛の人をターゲットにした高額育毛サロンなんかに騙され、無駄な時間とお金を浪費してしまう事もありますのでしっかり理解しておきましょう。

 

現在、脱毛治療の医療研究機関による発表では、薄毛の原因は、男性ホルモンによる影響が大きいことは、ほぼ間違いないという見解をしめしています。
では、具体的に男性ホルモンとは何なのでしょうか?

 

 

髪の脱毛にかかわる男性ホルモンは、「テストステロン」と「ジヒドロテストステロン」という2種類があります。
中でもジヒドロテストステロンは男性ホルモンの中でも、脱毛に大きく影響を及ぼすいわば悪玉の男性ホルモンであり、髪の脱毛だけではなく、「にきび」「前立腺肥大」を招く原因にもなることが分かっています。

 

ジヒドロテストステロンが生成されるには、いくつかのプロセスがあります。
まず、人の体内にある「5αリダクターゼ」という酵素(体を正常に動かすものと考えてください)があり、これが男性ホルモンである「テストステロン」と結びつくと、脱毛の原因となる「ジヒドロテストステロン」が生成されるという仕組みです。
この「ジヒドロテストステロン」の影響による脱毛が、AGA(男性型脱毛症)と呼ばれています。皆さんはテレビのCMなどで一度はこの「AGA」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

テストステロンは、成長期にあたるちょうど中学生あたりから急激に増えてくる男性ホルモンで、男性の筋肉、男性器の生成、身長を伸ばす発育など、体が大人になる上で重要な男性ホルモンです。
なお、10代から始まる薄毛の主な原因は、成長期に急激に増えるこのテストステロンの影響によるものが大きいと言われています。

 

では、この理屈からすると、10代の男性はみんな髪が薄くなるという事になりますが、実際はそうではありません。髪がある人の方がほとんでしょう。
その理由は、酵素の5αリダクターゼがテストステロンと結びつく量にかなりの個人差があり、結びつきやすい体質の人だけが薄毛の進行をスタートさせてしまうのです

 

そして、残念ながら現在の医療技術では、この個人差を埋める、体質を根本から改善する技術はありません。
アレルギーやアトピーと一緒でまだまだ研究の発展途上にある医療分野なのです。

では、どういう人が男性ホルモンの影響で脱毛が起こりやすいのか?

男性ホルモンの影響で髪が抜けやすいのは、主に次のような人です。

 

  • 血縁関係の近い家族(父、母、祖父、祖母)に髪の薄い人がいる
  • つむじあたりが薄くなってきた
  • 以前と比べるとシャンプーの時の抜け毛が増えた

 

一般的に薄毛は遺伝と言われていますが、掘り下げるとこれは「自分の体内にあるテストステロンが5αリダクターゼの影響を受けやすいかどうか」の体質遺伝の話になります。また、10代で多くみられるAGA(男性型脱毛症)の初期症状として、つむじが薄くなるという傾向がありますので、つむじが薄くなっていると自覚している人は要注意です。

 

1日に抜ける髪の件本数は人それぞれですが、「以前と比べて」増えてきたという事であれば、薄毛の進行がスタートしている可能性が十分にあります。

年齢、もしくは薄毛の進行具合と薄毛が治る確率は反比例

薄毛治療において、いかに初期段階での対策が重要なのは、大きな理由があります。
それは、薄毛の進行と薄毛が治る確率は反比例するからです

 

東京都内某所の有名薄毛治療院では、最先端医療技術を駆使して薄毛治療にあたっていますが、それでも薄毛が治らない人がいます。
傾向としては、薄毛初期段階の10代20代の比較的若い人は、薬や育毛剤などの効果が出やすいので比較的薄毛が改善しやすいのですが、年を重ね、だんだん薬が効きにくくなる中年期、壮年期の40,50,60代なってくると途端に薄毛が改善する割合が減ってきます。

 

また、薄毛が進行具合もかなり大きな影響があり、薄毛進行すればするほどなかなか治りにくくなるというデータもあります

 

そして、薄毛の一番やっかいなところが、「進行性」であるという事です。
これは、一度症状がでてしまうと、何かしらの治療をほどこさないと進行が止まらないという意味です。

若くして髪が薄くなった人の「人生の弊害」とは?

薄毛

中学生など10代で薄毛になった人で一番の悩みが、薄毛が元のいじめにあります。「なぜ自分だけ」と精神的に辛いことに追い打ちをかけるようにいじめに合い、登校拒否や引きこもり、ひどい場合はうつ病になってしまう人もいます。
10代、20代であれば、自由に髪型が楽しめない、オシャレができないなどのストレスも追い打ちをかけるでしょう。

 

また、将来彼女ができない心配や、芸能人、ミュージシャンなど、いわゆるルックスを重視される職業につきたいと夢に思っている人にも大きな弊害になっているのは、あまり大っぴらにされていないが、確実にある事実でしょう。

 

実際、薄毛治療通っている人の悩みはほぼ、自分に彼女ができないのは薄毛だから、薄毛だから結婚できないと悩んでいる人が多いようです。

 

しかし、世の中「人は見た目で判断してはいけない」「中身が重要」などとは言われているものの、残念ながら、実際薄毛の人に彼女ができたり、結婚できたりするのはまれのように思えます。これは、20代、30代になれば周りがどんどん結婚していくので、その事実が重いほどわかってくるようになります。

 

ちなみに、東京都内某薄毛治療院では、月に3万〜5万ほどの治療費をかけて薄毛治療を受ける人が年々増加傾向にあります。
病院で受ける薄毛治療は、保険が効かないため、患者の全額負担となり治療費もかなり大きな負担となります。

 

薄毛は治せる時代、重要なのは早い段階で手を打つこと!

10年前と違って、今は薄毛の原因もはっきりしており、その原因を防ぐ治療もあります。前述したとおり、年齢を重ねたり、薄毛が進行してしまうと改善できる可能性が低くなるので、薄毛の症状がある人は今すぐにでも手を打ちたいところです。

 

では、具体的にどうやって治療するかというと、「今ある髪を維持するために髪の毛が抜ける事を食い止める」「髪の毛を発毛させて増やす」の2種類しかありません
この2種類を実現できるのが、医薬品である「プロペシア」「ミノキシジル」という内服と外用の薬です。
プロペシアは「今ある髪を維持するために髪の毛が抜ける事を食い止める」役割があり、抜け毛のジヒドロテストステロン生成の元である、5αリダクターゼとテストステロンが結びつくのを防ぐ効果があります。
また、ミノキシジルは「髪の毛を発毛させて増やす」役割があり、頭皮の血管を拡張させ、頭皮の血行を大幅によくします。
この2つの薬は、医療機関が「髪の毛が生えてくる効果がある」と正式に認めている薬になるので、実際髪の毛が生えてくる人が多くいます。

 

しかしながら、この2つの薬には弱点があり、「プロペシア」と「ミノキシジル」の処方は保険対象外で患者全額負担となり、毎月1万〜2万ほどの金銭的負担がある点と、未成年には処方でいない副作用がある薬だという点です。
※AGA治療に対応した医療機関、もしくは皮膚科で治療を受けることができます。

 

また、この2つの薬は未成年には安全性が確立されていない薬とされており、特にプロペシアは男性ホルモンに直接影響を及ぼす薬となるために、成長期にある男性が服用するにはかなりリスクがあります。最悪な場合、ED(勃起不全)、精子の減少、発育の乱れなど様々な影響がでてくる可能性もあります。
ミノキシジルも同様に副作用があり、動悸、心臓への負担、肝機能障害、手足顔のむくみがることが報告されています。

プロペシア、ミノキシジルと同様の効果のある経済的な育毛剤

chapup

いくらプロペシアとミノキシジルが効果的とはいえ、経済的余裕のない10代には、薄毛治療の現実的な方法とは言えませんし副作用の心配もあります。
では、ほかに方法があるのでしょうか?

 

実は、一般にメーカーから発売されている育毛剤に副作用なしで、プロペシア、ミノキシジルと同じ効果があるものがあります。
それは「チャップアップ」という育毛剤です。

 

チャップアップには、M-034という発毛の有効成分が含まれており、ミノキシジルと同等の効果が実証されています。
また、ノコギリヤシという5αリダクターゼを抑制する成分が入っており、プロペシアと同じ役割を果たします。

 

育毛剤には「血行促進型」「栄養補給型」「男性ホルモン抑制型」があり、男性ホルモンの影響である10代の薄毛はこの中で「男性ホルモン抑制型」でしか抑えられないので、育毛剤選びには注意が必要です。

 

※参照
「血行促進型」:リアップ、薬用凌駕、ロゲイン、サクセスなど
「栄養補給型」ナノインパクト、リアルラゾンDX、WAKAなど

 

男性の薄毛の原因が解明している今、「血行促進型」「栄養補給型」を使う効果はかなりのが現状です。
「男性ホルモン型」の育毛剤は現状、市販で販売されてらず、ネットで購入できるタイプがほとんどなのですが、その中でもチャップアップは最安で効果があったと評判のある育毛剤です。
また、メーカー自体が育毛に効果があると保証する保証書も育毛剤に同封されており文字通り効果は折り紙つきです

 

>>チャップアップ今だけ50offキャンペーン実施中!!

購入前に解決しておきたい不安材料

髪の毛が生えてくるまで、どのくらいの期間使用する必要があるのか

最低3ヶ月です。その理由は、髪の毛が抜けてから生えてくるまでに3ヶ月はかかるからです。
髪の毛にはヘアサイクルという髪の毛が生えてから抜けるまでの周期があり、髪が抜けてから生えてくるまでを休止期と呼び、だいたい3ヶ月間髪の毛が生える準備をしています。
ただ、チャップアップの場合、早い人で1ヶ月ぐらいから産毛が生えてくる人が多く、2ヶ月目ぐらいから目に見えて増えてくる場合もあります。

 

使用をやめると生えた髪は抜けて元に戻ってしまうのか

何もしなければ元に戻ります。
一番の理想は、チャップアップを使い続ける事ですが、髪が生えた後は現状維持するだけという選択肢もあります。
ここでは深く説明しませんが、プロペシアと同じように5αリダクターゼを抑制するノコギリヤシというサプリメントがありますので、これを使ってチャップアップで増やした髪を維持する方法もあります。
ノコギリヤシはドラッグストアでも売っており、一ヶ月分約1,000円ぐらいで購入可能です。
なお、ノコギリヤシは「今ある髪を抜けないようにする」効果はありますが、抜けてしまった髪の毛を発毛させる効果はありませんのでご注意ください。

 

チャップアップにはサプリメントがセット販売されているけどこれも買わなくてはいけないのか?

チャップアップにセットで販売されている育毛サプリメントは、育毛剤と併用する事で、育毛剤単品で使用するよりも早く発毛の効果があります。
ですが、効果がでる期間が早くなるだけですので、育毛剤単品でも十分効果があります。
経済的に余裕がない人は、無理せず育毛剤単品の購入をすすめます。
育毛の基本は、毎日かかさず長く使う事です。無理して高いものを購入しても、継続できないのであれば意味がありません。

 

チャップアップは育毛剤単品でどのくらいの期間使用できるのか

メーカー推奨使用量では、120mlで一ヶ月〜一ヶ月半使用できると書いてあります。
しかし、実際使ってみるとわかるのですが、取扱い説明書の書いてある量を使うと、頭皮だけでなく、つける必要のない髪の毛にも育毛剤がたくさんつくので、かなり無駄になります。少量を薄く広げるようにして使えば実際は倍以上持ちますし、10代のように頭の一部分しか薄くなっていない場合だと、1本で3ヶ月ぐらい持つ場合があります。

 

チャップアップをつけるタイミング

朝、夜の一日2回が推奨です。
育毛剤を付けた後は、育毛成分が浸透しやすいように1分間頭皮をマッサージしましょう。
YouTubeなどの動画サイトで、美容師がよくマッサージの方法を解説しているので、そちらをご参照ください。
「頭皮 マッサージ」などで検索すればでてきます。

 

家族にばれないように購入したい

チャップアップはネット通販での販売になりますが、受け取りと支払いは自宅以外で直接配送業者で済ませる事が可能です。
購入フォームの「お支払方法・お届け先時間等のご指定」のページで、「その他お問い合わせ」という項目があるのが分かると思いますが、そこに、「営業店止めで、到着したら携帯に連絡希望」と入力します。
注文後は、商品が配送業者の自宅近くの営業店についた時点で、携帯に商品が到着した旨の連絡がはります。
そして、直接配送業者の営業店まで受け取りにいき、支払いもその受け取りの際にすれば家族にばれずに購入することができます。
なお、商品がはいっている箱には、育毛剤と分かる表記がないので、ご安心ください。

 

chapup

【検索用サイト紹介文】
近年、薄毛に悩む年齢層は大幅に広がっており、一昔前の中高年だけの悩みではなくなっています。そんな薄毛でお悩みの方は、国内で800万人いるとみられており、特に薄毛の悩みでお困りの方が増えているのが、意外にも10代20代の若い世代。20代は未婚の方で、自分が薄毛のせいで彼女ができなかったり、結婚できないと悲観して薄毛に悩んでいる人が多く、10代になると学校でいじめに会い、不登校や自殺を考える人も少なくありません。そんな薄毛に困っているからは一体いつから髪の量が減りだしていくかご存じですか?それはずばり成長期にあたる中学生あたりからなんです。その理由は、中学生になる一気に体が成長してくるとともに、男性ホルモンの分泌も盛んにおこなわれます。この男性ホルモンは、体の筋肉をつけたり、男性性器の発育に必要なものなのですが、なぜか髪の抜け毛を促してしますやっかいなホルモンです。また、体が大きくなると頭も一緒に大きくなってくるのですが、その大きくなる影響で頭皮がつっぱりだし、頭皮の血行が悪くなり、抜け毛につながる場合もあります。そんな薄毛の対策として活躍するのが育毛剤。このサイトでは、育毛剤の口コミランキングサイトでも上位にくる育毛剤をもとに薄毛の改善方法を紹介しています。